2010年04月12日

常務就任翌年から随意契約=14年、他社から見積もり取らず−家具厚生年金基金汚職(時事通信)

 東京都家具厚生年金基金の汚職事件で、元常務理事の三枝正久容疑者(69)が、常務に就任した翌年の1996年から贈賄側のビル管理会社「塚田美研」(港区)と随意契約を結んでいたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。
 随意契約の場合、旧厚生省通知は複数の業者から見積もりを取るよう求めていたが、同社以外から見積書を取っておらず、警視庁捜査2課は約14年間にわたって癒着が続いたとみて調べている。 

【関連ニュース】
都家具厚生年金基金の元常務逮捕=690万収賄容疑
収賄の元みどり市課長に懲役2年=前橋地裁
贈賄側会社社長に有罪=在留手続き汚職
元岩出市部長らを再逮捕=公共工事で贈収賄
京都市主任を収賄容疑で逮捕=工事に便宜、業者から20万円

虐待の恐怖から救え 松本聖香さん事件から1年 遺族、厳罰化訴え(産経新聞)
<後半国会>本格化 民主、目玉法案審議入り(毎日新聞)
愛子さま、始業式後の授業にご出席(産経新聞)
<中央選管>遠山氏に当選証書 神崎氏の衆院議員辞職で(毎日新聞)
尼崎で火事 5人搬送(産経新聞)
posted by イワハシ カズユキ at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。